You are currently viewing 親の介護にはどれくらいの費用が必要?岡山の介護事業者が解説

親の介護にはどれくらいの費用が必要?岡山の介護事業者が解説

「親の介護にはどれくらいの費用が必要なのだろうか」

 

親の介護にはいくつか心配事があると思いますが、やはりお金については特に気になりますよね。

 

そこで今回は、親の介護にはどれくらいの費用が必要なのか、岡山の介護事業者が解説します。

 

□親の介護にはどれくらいの費用が必要?

 

親の介護にどれくらいの費用が必要なのかは、以下の2つのケースによって大きく異なります。

 

まだどちらのケースになるか分からない方も両方のケースを想定して考えてみてくださいね。

 

*自宅介護の場合

 

自宅介護の場合、親の介護の費用は、月平均5万円ほどになるでしょう。

例えば、訪問介護を利用したり、おむつ代やバリアフリーの整備をしたりなどの費用が発生します。

 

*介護施設の場合

 

介護施設の場合、親の介護の費用は、介護施設の種類によって価格差があります。

 

例えば、介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームですと、月15〜35万円が相場とされています。

そのほかにも、サービス付き高齢者向け住宅は月10〜30万円、グループホーム月15~30万円が相場となっています。

 

月の費用以外にも、入居一時金が必要になる場合も多いので、相場よりも予算は多く必要になるでしょう。

 

上記で挙げたように、一概に介護施設と言っても様々な種類があり、費用も異なるということを覚えておいてくださいね。

 

□親の介護の費用を年金で賄えないケースも

 

親の介護にはどれくらいの費用が必要なのかを「自宅介護」と「介護施設」に分けてご説明しました。

 

やはり、介護施設を利用する場合は、決して安い費用とは言えないですよね。

 

そこで考えなればいけない問題が一つあります。

 

それは、「親の介護の費用を年金で賄えるかどうか」です。

 

実は、年金の支給額は年々減少傾向にあり、将来いくらもらえるのかも分からない状態でしょう。

実際のところ、年金だけで親の介護施設の費用を賄えないケースも少なくありません。

 

これらのことから、これからは費用が比較的安い自宅介護をするケースが増えると予想されます。

少しずつ将来の介護費用を貯めつつ、同時に介護の知識を蓄える必要があるでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、親の介護にはどれくらいの費用が必要なのか、岡山の介護事業者が解説しました。

 

親の介護にはどれくらいの費用が必要になのか、そしてこれからどのようなことが必要になるのかお分かりいただけたと思います。

 

少しずつでもいいので、使える介護の知恵を蓄えておきましょう。

ぜひ、将来の介護に備えるアプリ「お世話の輪」を利用してみてください!

https://care-ring.site/

コメントを残す