You are currently viewing 介護学生の就活の進め方は?現役の介護職が紹介

介護学生の就活の進め方は?現役の介護職が紹介

「就活っていつから始めるべきなのだろう」

 

介護学生の皆さんは、学校のテスト、実習など忙しい学生生活を送っていることだと思います。

 

そんな介護学生の方に、知っておきたい就活の進め方を現役の介護職がご紹介します。

 

□介護学生の就活の時期は?

 

就活のステップには、自己分析や業界調べから、選考準備やインターシップなどが挙げられるでしょう。

 

介護学生の中でも早い方は、大学3年生、短大1年生、専門1年生の4月あたりから、自己分析や業界調べを始めています。

また、実際に介護施設へ見学に行ったり、インターンシップに応募したりする方もいらっしゃいます。

 

やはり、就活はスタートダッシュ、そして準備が大切になるので、早く準備するに越したことはありません。

 

逆に就活に出遅れると、周りの学生と差が広がってしまい、選考において実力差を感じてしまい焦りがでてきてしまいます。

 

介護施設が選考を始める時期は、7月頃になります。

介護学生の方が、選考が始まる時期から逆算して、自分に合った介護施設を見極めておきましょう。

 

お世話の輪では、1時間から介護の勤務体験に応募することができます。

自分に合った職場を見つけるステップとして、活用してみてください!

有給の勤務体験ですので、学生にとってはお金と経験を得られるのでおすすめです。

 

ぜひ以下からサービスを覗きにきてください!

お世話の輪はこちら

 

□選考準備を始めよう

 

選考準備の一つとして、意外と忘れがちなのが身だしなみやマナーを知ること」です。

 

就活では、面接時の身だしなみやマナーも見られています。

 

しっかりとした受け答えができていても、身だしなみやマナーで減点されてしまっては、もったいないです。

 

身だしなみについては、落ち着いた色味のリクルートスーツを着用していれば問題ありません。

シャツのシワや髪型やメイクまで、清潔感を心がけるようにしましょう。

 

マナーについては、敬語やお辞儀など、今一度確認しておくことをおすすめします。

 

元気で明るい印象を与えれば、多少ミスをしてしまっても全体を通して良いイメージを与えることができるでしょう。

 

□まとめ

 

今回は介護学生の方に、知っておきたい就活の進め方を現役の介護職がご紹介しました。

 

就活と聞くと、気を張ってしまう学生が多いでしょう。

しかし、しっかりと施設見学やインターンシップに参加し、準備しておくと理想の職場に就ける可能性は高くなります。

 

お世話の輪は、介護学生の方の就活が上手くいくことを願っています!

コメントを残す