You are currently viewing 介護学生の就活のポイントとは?現役の介護職が解説

介護学生の就活のポイントとは?現役の介護職が解説

初めての就活でどのようなポイントを意識したらいいのかわからない

そんな介護学生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

特に、昨今の介護業界は、需要の高まりや待遇改善などで注目度は高く、求人も多くなっているでしょう。

 

そこで今回は、介護学生の就活のポイントを現役の介護職が解説します。

 

□介護学生の就活のポイント

 

介護学生の方が就活の際に、意識したいポイントに以下が挙げられます。

 

*生の現場を知ること

 

一概に、介護施設といっても、種類や経営方針、職場の雰囲気などはさまざまです。

特に、職場の雰囲気や人間関係などは、面接や求人情報だけでは把握しきれません。

 

数ある介護施設の中から、自分のキャリアプランに合った施設自分にあった理想の働きやすい職場を見つける必要があるでしょう。

 

そうなると、やはり施設見学や職場体験で生の現場を知ることが大切になります。

自分の目で、介護内容や質、雰囲気や人間関係などを確認できるとベストです。

 

*業界を知ること

 

実は、介護業界は、他の業界ともつながりの多い業界です。

例えば、最近ですと美容業界だったり、IT業界や医療業界ともつながりが増えてきています。

 

介護業界そのものを知ることも重要ですが、さまざまな観点から業界を研究してみると、就活で役立つかもしれません。

 

□介護職向けのインターンに参加しよう

 

前述したように、介護学生の就活のポイントとして「生の現場を知ること」が挙げられました。

 

具体的には、介護職向けのインターンをおすすめします。

 

最近では、介護学生のほとんどがインターンに参加しており、自分が働く姿をイメージしてから施設に応募するという流れが増えてきています。

 

インターンには、長期で参加するもの、短期で参加するものがあります。

自分のスケジュールを確認して、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。

 

お世話の輪では、1時間から職場体験できる介護施設を紹介しています。

 

なかなか自分からアプローチできない方にとっても、スキマ時間を登録しておくだけで、介護施設側からスカウトが届くので、おすすめです。

もちろん、スカウトを断ることもできます。

 

ぜひ気になった方は、以下から覗きにきてください!

お世話の輪はこちら

 

□まとめ

 

今回は、介護学生の就活のポイントを現役の介護職が解説しました。

 

介護学生の方で就活に不安を感じている方は、早めに職場見学やインターンなどに応募しておきましょう。

 

自分が働く姿がイメージできるかどうかは、とても大切なポイントになります。

 

ぜひ今回の記事を参考にしてみてください!

コメントを残す